top of page

2023年12月17日礼拝説教

2023年12月17日の礼拝メッセージの要約です。説教者:倉嶋新

マタイの福音書2章1節~12節 「救い主の誕生」

 

1. ヘロデ王の時代

ヘロデ王はイドマヤ人(旧約聖書のエドム人)で、この地域の領主でした。猜疑心の強い人として有名です。その時代にイエスは誕生します。マタイが書き残したのは東方の博士たちの話でした。彼らは救い主の誕生を調べて、ついにこの地にやってきました。彼らは異邦人でした。古代、星を研究することは真理の探究を意味しました。彼らは「ユダヤ人の王としてお生まれになった方の星」を見つけたと証言しています。そのことを聞いたヘロデ王は動揺しました。これは彼にとって良い情報ではなかったのです。ヘロデ王は祭司長や律法学者たちにさらなる情報を求めました。そして救い主が「ユダの地、ベツレヘム」で生まれることを知ったのです。

 

2. 東方の博士たち

博士たちは何を期待してやってきたのでしょうか。博士たちは「真の王の誕生」が、この世界を揺るがす大きな出来事であると確信をしていたのでしょう。一方でユダヤ人はまだそのことに気がついていません。博士たちが聖書をどこまで理解していたのかは分かりません。しかし、彼らはこの世界の救い主、真の王を求め、そしてここまでたどり着いたのです。救い主の誕生は、ベツレヘムで隠されるように起こりましたが、しかしそれは、全世界を動かす大事件だったのです。星が彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来ました。そして、彼らは贈り物をささげ、赤子のイエスを礼拝しました。最初にイエスを礼拝したのは異邦人たちでした。

 

3. 救い主の誕生

マタイははじめにユダヤ人の王の誕生を示します。そしてそれが神の御手によるものであることを明らかにします。そのことに気が付いたのは、ユダヤ人や当時の力ある者たちではなく、異邦人の博士たちでした。聖書はユダヤ人という範囲を超えて、真の神と私たちの救いを取り扱っています。それは私たちの本質に触れることでもあるのです。イエスの誕生にまつわる出来事には、多くの人々の姿が出て来ます。ヘロデは権力に支配されています。その周りにいる人々はその権力を恐れ、また時代に翻弄されています。そこに真実を知ろうと探り、またそれに気づき、国境を越えて旅をしてきた博士たちが登場します。私たちもキリストの誕生の場面に招かれています。この方こそ、王として、救い主としてこの世界に来られた方です。この方にあって、私たちは本質的なことに目が開かれ、神の愛と救いへと導かれていくのです。

RECENT POSTS:
SEARCH BY TAGS:
まだタグはありません。
bottom of page